リアルモンキー仙台店のVintage古着Antiquesの入荷情報・商品紹介をほぼ毎日更新する古着屋ブログ。


by rm-sendai

プロフィールを見る
画像一覧

PICK UP FLANNEL SHIRTS

コンバンワ。

ネルシャツをアウターとして着れる季節も近づいてきましたね~
と、いうわけで本日はGOOD COLOR&GOOD CONDITION☆なネルシャツ
をチョイスしました。店頭に多数、在庫御座いますが、本日はVintageモノから紹介いたしま~す。

ともにDEAD STOCKで状態は申し分ありません。それではドウゾ!

c0226387_14245656.jpg


c0226387_14244311.jpg


c0226387_14263698.jpg


c0226387_1426873.jpg


c0226387_14273441.jpg


【 DEAD STOCK 1950' FLANNEL SHIRTS 】

Size L

Price ¥20790
1着目はマイナーどころの「Cabot」というメーカーのネルシャツです。中々聞かないところですが、少しひねったデザインの面白いモノを作っていたとこです。

このShirtsもオリーブにホワイト、ブラックとなかなか珍しい色構成ですよね。地味に見えながらも意外と人目を惹くような雰囲気が良いですね。パッと見ではボーダーのように見えるところも面白いかと。新品モノではまず、作られないタイプのチェックではないでしょうか。本当にGOOD COLORです!

マチ付きで縦長のフラップポケット等ディティールも良い感じです。襟の形も良く、縫製も丁寧です。サイズは少々大きめですが、むしろ大きめだからこそ映えるデザインやCOLORではないでしょうか?小さくしたい方は未洗いなので乾燥機などにかければ調節が効くでしょう。オススメです!


c0226387_14364851.jpg


c0226387_14434359.jpg


c0226387_14442287.jpg


c0226387_1443101.jpg


c0226387_14522722.jpg


【 DEAD STOCK WINTER KING FLANNEL SHIRTS 】

Size 15

Price ¥16590

2着目は「WINTER KING」のネルシャツです。お馴染みの鹿タグが良いですね。OLDシャツのカテゴリの中でも「この年代のネルシャツでなおかつDEAD STOCK」となると希少だと思います。

しかし、希少性だけがオススメな訳ではありません。サイズバランスも良く色味にも安定感あります。ネルシャツを代表するような赤系チェックですが、グレーの面積が大きいため主張し過ぎず、印象としてもコテコテに感じません。柔らかく程良い色味で合わせ易いと思います。

ディティールは、年代が近いため上のモノと同じ様な感じです。



定番のアイテムだからこそ、自分の手で一から馴染みを楽しむというのもイイものですよ。特にコットンネルはOLDシャツの中でも壊れにくく頑丈なので、永く着られますよ~

是非お試しください!
by rm-sendai | 2013-03-27 14:56 | Staff

↓↓クリックお願いします↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

検索

画像一覧

記事ランキング

最新の記事

Dickies Painte..
at 2017-05-30 19:08
Toledo Draftin..
at 2017-05-29 19:11
Levi's 501 Sin..
at 2017-05-28 13:09
Utilatree Clot..
at 2017-05-27 18:03
Heavy Duty Met..
at 2017-05-26 12:40
Toledo Swing C..
at 2017-05-25 13:06
Toledo Low Stool
at 2017-05-24 12:13
Toledo High St..
at 2017-05-23 16:07
デニムリペア ジーンズ修理
at 2017-05-22 16:56
Short Sleeve S..
at 2017-05-21 12:39

カテゴリ

Antiques
Clothing
Shoes
Bag&Small Things
Other
Staff

LINKS

お気に入りブログ

HIGH POSITIO...
UNPLUGGED BLOG
Tomarctus News
biscco (仙台 ...
chi☆biscco
biscco 2f (...
Tomarctus-Nasu

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...